<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子どもの絵

コナツは、小さい頃からお絵かきが大好き。
よく言えばアイデア豊富で活発、悪く言えば落ち着きがなく注意力散漫な娘ですが、
ことお絵かきに関してだけは、ものすごい集中力を見せるのです。

好きなことを好きなだけやらせてあげたいという思いから、
近所の絵画教室に通いはじめてはや2年半。
最近は絵の具の扱いにも慣れて、
私が横についていなくても、自分で色を作ったりして
1時間半から2時間かけて一枚の絵を仕上げています。

e0064409_12404147.jpg


これは先週の作品。
家族やペット(おじいちゃんちの犬と猫)が、
満開の桜の下でお花見をしているところを描いたようです。
見てもらうとわかりますが、
コナツの書く絵は、いつも細かくて、
たとえ動物一匹しか書かないときでも、
大きな画用紙に小さく描くのが好きなのです。
ところが、主人が私に「もっと大きく描くように指導したら」と言うので、
先日絵画教室の先生(児童絵画分析の達人)に
「いつも絵が小さいんですけど、どうなんですかね・・・?」と質問してみました。

先生いわく「こなつちゃんの絵は、背景も全部あわせて一枚の物語なんです。
大きく描くばかりがいい絵ではありません。
むしろこの歳で描きたい物がたくさんあるということ、それを表現できているということは
たいへんすばらしいことです。」とのお答えでした。
なるほど~。
コナツの絵はすばらしいんだー。
たしかに、普段おおざっぱななコナツが、
小さな動物の目を描く時、背景の草を描く時、とても神経をつかって丁寧に描いてるような・・・。

上手な絵ってどんな絵?大きな絵?ちがうちがう
描き手の思いが感じられる絵ですよね。
そしてそれを見た人が、何かを感じることができる絵なんですよね。
[PR]
by yukke572 | 2007-04-18 12:55 | child

ル・クルーゼ

e0064409_1943798.jpge0064409_19432181.jpg








先月末、3年間幼稚園の送り迎えを頑張った自分に、
前から欲しかった「ル・クルーゼ」のお鍋をプレゼントしました。

数ヶ月前から本やネットで研究を重ね、
ご近所で使っている人に話を聞いたりして
購入したのは「ココットロンド」の20㎝。カラーはホワイト。
肉じゃが、ビーフシチュー、煮魚、炊飯、
さすが値段だけのことはある。
なんといっても、少ない水で素材の味を楽しめるのがgood。
それに、焦げ付かないというのも魅力。
今日は、時間があったので、おやつにリンゴケーキを焼き、
夜は炊き込みご飯を炊いてみました。
ケーキはしっとりふっくら。ごはんもほっこり美味しく炊けました。
明日は何を作ろうかな・・・♪
[PR]
by yukke572 | 2007-04-12 19:54 | cooking

気絶した方が・・・

娘の入学式を3日後に控えた4月3日のまだ夜が明けぬ頃、
極度の鼻づまりと顔および歯の痛みによって目覚めた私。
明るくなる頃には立ち上がることもできないほどの苦痛に襲われていた。

訳がわからず、はうようにして朝一で耳鼻科に駆け込んだ。
病名は・・・「急性副鼻腔炎」。一般的に言うと「ちくのう症」。
鼻から入った病原菌がその奥のほほの骨の隙間で悪さしてるらしく、
先生や看護師さんも気の毒そうにぺしゃんこにへこんだ私を見ていた。
しかも、告白しますと私、現在妊娠5ヶ月目。
ということで、薬が飲めない状況でありまして、
先生いわく鼻からの直接的な治療と吸入しか手がないとか。
ひえーーーー◆▼★●▲■。
ちくのう症にかかった人ならわかると思いますが、
鼻を中心に、顔、頭など、とにかくまともに立っていられないくらいしんどいんです。
いっそのこと気絶できたらどんなに楽だろうかと思うくらい。
薬も飲めないし、この苦痛と数日闘うことになるだろうと腹をくくった私は、
その日一日、布団に倒れたまま顔に冷えピタを貼ってダウンしていました。

次の朝、まだ鼻はつまったままで睡眠不足ではありましたが、
顔、頭を襲っていた苦痛が、嘘のようにやわらいでおりました。
その日は耳鼻科が休診でしたが、
主人の母が一日お手伝いに来てくれたので、
妊婦の私は安心して休養することができ、
コナツも食いっぱぐれることなく過ごすことができました。

三日目、耳鼻科に診察に行くと、
「大丈夫だった?おとついは死にそうだったもんね。」と先生。
「昨日の休みの間どうしてるかと思ってたよ。」と看護師さん。
尋常じゃない私のへこみ具合を、心配してくださっていたようで、嬉しかったです。

今回は、ここには書ききれないほど多くの人の優しさに支えられ、
痛みのピークがたった一日という(まだ治療中ですが)軽症にて、
無事にコナツの入学式に出席することができました。
つわりが全く無かったし、インフルエンザの時期も乗り切ったので、
少々油断していたと言えばしていたかもしてません。
でも、まさか、そんな「ちくのう症」なんて病気になるなんて、
しかもそれがあんなにつらいなんて。、
みなさんも、鼻づまりがして顔や歯(1本2本じゃなくて全部)が痛くなったら、
早めに耳鼻科を受診してください。
今回の私も、早めの処置がよかったみたいですから。
助けてくれたたくさんの人たち、ほんとにほんとにありがとう。
[PR]
by yukke572 | 2007-04-07 20:08 | life

天然娘

♪黄砂に~吹かれて~(ふ、ふるい…(-_-;))
本日わが町は、黄砂によって八分咲きの桜も一日中かすんでおりました。

今日は、昨夜のコナツの天然っぷりをお話ししようと思います。

昨夜は、コナツの卒園&入学の御祝いということで、
マスターがお客さんの目の前の鉄板で調理してくれるというこじゃれたステーキハウスに、
おじいちゃんとおばあちゃんが連れて行ってくれました。

ほうれん草に始まり、ステーキ、にんにく、エビ、イカ、
マスターのナイフ&フォークさばきを楽しみながら、
普段は少食のコナツも「美味しいねー。」を連発。
大人も子どもも満腹になり、店をあとにしました。

帰りの車中、
「コナツもいっぱいたべたねー。何が一番美味しかった?」という私の問いかけに、
「あのねー、一番はね~、パン。二番はほうれん草、3番は~しもやけ。」
大人一同「?????」
せっかく高いステーキ食べてきたのに、
一位はパンって・・・(ただのロールパンだったでしょうが!!)
それに、二位がほうれん草って・・・(たしかに美味しかったけど、ステーキは・・・?)
さらにさらに、三位のしもやけっていったい・・・???
おとな「しもやけって何?」
コナツ「しもやけじゃなくて、えーっと・・・も、も、」
おとな「もしかして、もやしのこと?」
コナツ「そうそう、もやしが美味しかった(^_^)」

まったく、うちの娘は、とことん天然だよ。
入学式まで、あと4日!
[PR]
by yukke572 | 2007-04-02 18:43 | child

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572