カテゴリ:shop( 4 )

カレルチャペック紅茶店

e0064409_10124936.jpg

「カレルチャペック紅茶店」。
ラシックにオープンして間もないこのお店は、
名古屋出身の山田詩子さんが経営する、
可愛らしい紅茶専門店。
今までは東京にしかなかったけど、
とうとう名古屋にできたということで、
ずーっと行きたくて行きたくて、
ようやく行ってきました。

6畳ほどの店内は、イラストレーターでもある
詩子さんのイラストがいたるところに。
紅茶の缶、ティーカップ、ポストカードなどなど、
どれもかわいくて、全部欲しくなっちゃう!
ぐっとこらえて厳選し、
お店で試飲してとっても美味しかった「アールグレイマンダリン」と
お気に入りの「5 o'clock herb」(ローズヒップやハイビスカスのハーブティー)、
それとキャディースプーン、ハンドタオルなどを購入しました。
商品を入れてくれる袋にもステキなイラストが書いてあって、
バーゲン物色中も、なんだかウキウキでした。
[PR]
by yukke572 | 2006-07-11 10:31 | shop

ラーメンを食べに

昨夜から続いた雨と風。
公園にも行けないし、
家族3人でラーメンを食べに行ってきました。

お店の名前は「麺達」本店
場所は豊明市。
テレビで紹介されたこともある人気のお店らしい。
お店の外でストーブにあたりながら
15分ぐらい待って、店内へ。
初めて行ったんだけど、
こだわりの豚骨スープが、
予想以上にあっさりしてて美味しかった~。
女の人でも替え玉(150円)したくなるくらい、
ペロッと食べられちゃう。
こなつに食べられちゃったチャーシューも、
なかなか評判のようで、
チャーシュー丼を食べてる人が何人かいました。
私の「また行きたいお店」に仲間入りです。
[PR]
by yukke572 | 2006-02-26 18:09 | shop

福袋

毎年、元旦はパパの実家にお年賀。
2日は私の実家へ。
今年は私の実家へ行く前に、
初めて名古屋の初売りにでかけ、
福袋をgetしてきました。

朝9時半開店の名古屋PARCOへ、
9時半少し前に着くように出かけた私たち。
「PARCOの駐車場、開店前でも開いてるかな?」
「開いてるに決まってるじゃん。」
とか言いながらのんきにPARCO前まで近づいていった。
すると・・・雨の中、PARCOの周りに
傘をさして並ぶ人、人、人、人、人・・・☆○※♪¥♂♀。

想像以上の人の多さに、
車の中で、福袋を手にすることは無理だろうとあきらめた。

こうなったらのんびり行こうと、
あわてることもなく、
開店時の人並みの最後につらなって、スムーズに店内へ。
紳士&子ども服売り場(西館6階)につくと、
そこには、福袋を4つも5つも手にした人々が。
とりあえずパパのごひいきのお店を覗くと、
やはり福袋はすでに完売。
そこで、私とこなつは子供服、パパはもう一軒のお店へ。
私は迷わず「SHIPS」へ・・・もちろん完売。
やっぱ人気のお店はすごい。まだ、開店10分後ぐらいなのに。
続いて、「ティンカーベル」。
なんと、残ってる。それも120センチ女児が3袋も。
整理券をもらうために、
15人ぐらい並んでる列の最後尾へ半信半疑で並んだ。
かろうじて、残りの1袋をget。
パパも、なんとか1袋抱えて合流。
高くてなかなか買えないブランドの服、
この冬休みはどこにも出かける予定がないので、
思い切って2つも買っちゃった♪

せこい私は、
もちろん帰って中身の値段を計算してみたさ。
それぞれ10,500円の福袋には、
好みなのもそうじゃないのも含めて、
40,000~50,000円相当の商品が。
意外と入ってるんですね。
一応は好みのお店で買ったので、なんとか着られそうな物ばかりだしホッ。
結果、はじめて福袋を手にして思ったことは・・・
「一年に一度」というお楽しみ感、
「何が入っているかわからない」というワクワク感、
「金額的に得をした」という満足感、
これを得るために人は皆、長蛇の列に並ぶのだということ。

来年もきっと・・・行っちゃうんだろうな。今年よりも早く(汗)。

私の物?
ちゃんと買いましたよ。
そのあとラシックのバーゲンで、ちょっとだけ☆
[PR]
by yukke572 | 2006-01-03 10:30 | shop

途中下車

先日、めったに乗ることのない名鉄名古屋本線の「普通列車」に乗った。
昨日書いたyumiちゃんの写真展が
「普通列車」しか停まらない「呼続駅」の近くだったから。
私は、せっかく「普通列車」にのるなら
めったに降りない駅に「途中下車」しようと考えた。

ネットでささーっと調べたところ、
「有松駅」に良さそげなパン屋さんがあるのを見つけた。
こだわりのオーガニック素材、
国産小麦に自然酵母、自家製副素材、
それを自家製石釜で焼く・・・
なんて書かれたら、
誰しも行きたくなるに違いない!
ということで、写真展の帰り道、
ちょっと遅くなったのでやってるかどうか心配だったけど
「有松駅」で途中下車して、パン屋をめざした。
(お店が閉まってたら申し訳なかったから、誰も誘えなかったっす。)

お店の名前は「ダーシェンカ・蔵」
場所は「有松駅」から徒歩1分ほどの
有松の古民家づくりの町並みの中の一軒。
格子戸を開けて土間を進むと、
奥の方にこじんまりとした販売スペースが。
土曜の夜ということで、商品は少なめだったけど、
おいしそうなパンがいくつも並んでいた。
お食事パン大好き家族にとっては、
ぜーんぶ買って帰りたくなるようなパンばかり。
こなつと相談して、
「山型食パン」「黒小麦食パン」、
そしていよかんピールとクルミの入った「ダーシャ」というパンをチョイス。
ワクワクしながら、「有松駅」から再び「普通列車」に乗り込んだ。

家に帰り、写真を撮る間もなく
しっとりモチモチのダーシェンカのパンは
どんどん小さくなっていった。
次の朝、残っていた2口分ほどのパンを手にとってびっくり。
昨日と同じようにふわふわでやわらかい!
2日目でもこんなにやわらかいなんて、
あのパン屋、なかなかやるな。

中庭カフェもやってるみたいだし、
時間があったら、また「途中下車」してみようかな・・・。
[PR]
by yukke572 | 2005-12-20 13:47 | shop

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572