カテゴリ:child( 82 )

スタート!

e0064409_14454496.jpg早いもので、アオイが5ヶ月になりました。
身長65.5㎝、体重7,260g、順調そのもの。
よだれも出始め、夕飯時には口をモゴモゴしているので、
離乳食をスタート!
これから一生続く「食事」。
体にいいものを、美味しく、楽しく、食べようね。
ママは仕事が増えて嬉しいです!


e0064409_14452436.jpgそして、この時期モーレツに食べたくなるのが、
ひな菓子の「花あわじ」。
ほんのり生姜味のほどよい甘さと、
赤ちゃんせんべいのような優しく懐かしい食感で、
やめられない止まらない状態。
私はコレをひなまつりまでに、
いったい何袋食べるんだろうか・・・。
[PR]
by yukke572 | 2008-02-16 15:01 | child

ごめんね

10月の末、コナツが奥歯が痛いというので、見た目なんともなさそうだったけど、
パパが歯医者に連れて行ってくれた。
歯医者さんの見立てでも、虫歯は無く、フッ素とはみがき指導だけで帰ってきた。

それから約1ヶ月、ときどきコナツが「痛い」と言うのを
「歯医者さんが虫歯じゃないって言ったから、大丈夫だよ。」と、あっさり受け流していた。

そして11月の末、あんまりいつまでも「痛い」と繰り返すので、
何の気なしに奥歯をのぞくと・・・右奥歯の歯茎が小豆大に腫れていた。
「何コレ~!!!痛いよねー。」と思わず言うと、
「だから痛いってずーっと言ってたじゃん。なのにママが・・・」

慌てて次の日歯医者に連れて行くと、診察室から聞こえるコナツの悲鳴のような号泣。
実は奥から3番目の歯が虫歯になっていて、
もはや神経が化膿してしまって腫れているとのこと。
「この前来た時は、一番奥の歯だと思って・・・」と、見立てを誤った歯医者もしどろもどろ・・・。
家に帰ってきてからも、痛み止めが効くまでの1時間痛くて泣きわめいていた。

ごめんねコナツ。
もっとママが早く気付いてやれれば、痛い思いも少しですんだだろうに。

アオイが産まれて3ヶ月。
自分では、アオイの世話をしつつコナツのこともちゃんと見ているつもりだったけど、
コナツにこんな思いをさせるとは、ママが×でした。
ほんとにごめんね。
[PR]
by yukke572 | 2007-12-12 07:56 | child
赤ちゃんを連れて散歩していると、いろんな人に話しかけられます。
今日も散歩の途中で、ちょうどうちの両親ぐらいのおばさまに話しかけられました。

おばさま「何ヶ月?」
わたし「まだ1ヶ月ちょっとです。」
おば「あらまー大きいし、しっかりした顔してるねー。」
(うちのアオイさん、毛がフサフサで顔もぽっちゃり姫なので、
1ヶ月そこそこには見えないみたいです。)
その後、そのおばさまとしばらくお話ししていると、
おば「94歳になる私の母がね、今施設に入ってるんだけど、顔を見に行くといつもこう言うんだよ『子どもはひろってでも育てよ』ってね。だから頑張ってもう一人産むといいよー。」
その方は、3人姉妹で毎週交代でお母さまの顔を見に行ってるそうで、
顔を見に行くと「3人産んでほんとに良かった。もっと産んでおけばよかったくらいだ。」って
お母さまがおっしゃるそうなんです。

「子どもはひろってでも育てよ」か~。
今はアオイの世話に追われて「子どもを産んでよかったー」なんて感慨にふけってる余裕はないし、年齢的に「もう一人産もう・・・」なんて考えられないけど、
そんな私にとってもやっぱり「子どもは宝」。
94歳のお母さまの「子どもはひろってでも育てよ」のお言葉。
少子化がすすむ現代に響け!

しかしながら、そのおばさまにアオイを男の子に間違えられ、
あわててピンクのベビー服を2着も買ってくる私って・・・。
[PR]
by yukke572 | 2007-10-23 14:50 | child
昨日はアオイと私の健診でした。
私の回復も順調、アオイの成長も順調。

健診で再会した入院仲間たちは、
「泣いてばっかり」「置くと泣く」「夜寝ない」「おっぱい飲んでばっかり」と
それぞれに育児の苦悩を吐きだして、
最後は「がんばろうねー。」と言ってみんな帰って行きました。

もう1ヶ月、やっと1ヶ月、まだ1ヶ月。

これからはいよいよ起きている時間も増えてくるだろうし、
要求も複雑になってくるだろうから、
気合いを入れなおして、新たな1ヶ月がんばりましょう。
[PR]
by yukke572 | 2007-10-12 11:20 | child

友達から小包が届いた。
出産祝いののし紙のついたその箱には、
スタイと巾着が入っていた。
e0064409_10271191.jpg

スタイには「あおい」の刺繍。
巾着には「こなつ」の刺繍。
あおいだけじゃなくこなつにもプレゼントしてくれるなんて、
彼女の心配りに感激した。
学生時代とかわらぬ彼女の心配り、さすが。
姉妹になった二人に、はじめてのおそろい♪
学校から帰ってきたこなつの喜ぶ顔が目に浮かぶ。
ステキなプレゼントありがとね。

昨日、夕方あおいがぐっすり寝てる間、
ひさしぶりにこなつと遊んだ。
石投げゲームして、道路に落書きして、
ママと遊ぶのそんなに嬉しいんだ・・・。
妊娠そして出産から1ヶ月、こなつはパパとよく頑張ってるもんね。
ほんとはまだまだママに甘えたいんだよね。
1ヶ月健診がすんだら、少しずつ外にでられるようになるから、
そしたらママとも一緒に出かけようね。
一方、静かな家の中で寝過ぎたあおいは、
みんなが寝る頃におめめパッチリ・・・(>_<)
[PR]
by yukke572 | 2007-10-10 10:31 | child

命名「葵」

e0064409_1115567.jpg

小さな手に、幸せをいっぱい握りしめて
私たち家族の下へ産まれてきてくれました。
ようこそ。
パパとママと小夏姉ちゃんから、
あなたへ初めてのプレゼント。
命名「葵(あおい)」。

あおいちゃん、楽しいことも嬉しいことも、
悲しいことも辛いことも、
みんなで分け合っていこうね。
私たちはこの世で偶然にも出会えた
かけがえのない家族なのだから。

おまけ:おじいちゃんと同じ誕生日に産まれました!
[PR]
by yukke572 | 2007-09-18 11:20 | child

産まれました

9月12日、午前3時44分、第二子となる女の子を無事出産しました。3500g近い大きなベビーで、産むのは大変でしたが、元気に産まれてくれてホッとしています。明日から母子同室になるので、今夜はゆっくり休みたいと思います。気がかりは、初めて離れて過ごすコナツ。今頃はパパと二人で夢の中かな…。
[PR]
by yukke572 | 2007-09-12 22:00 | child

3年目突入

このブログも3年目に突入しました。
日々の暮らしの中で感じたこと、思ったことを、
自分なりの言葉で綴ってきました。
これからも、今までどおりのんびりペースで楽しんでいきたいとおもいます。
いつも遊びに来てくださっている皆様、
これからも気が向いたらのぞきに来てくださいませ。

さて、ブログが誕生日を迎えると同時に、
我が家のおてんば娘コナツも、
無事に7才の誕生日を迎えることができました。
おじいちゃんとおばあちゃんに本人がせっせと招待状を書き、
誕生日より一日早い8月31日夜、誕生会をひらきました。
おじいちゃんおばあちゃんからは、
22インチの自転車とチワワのぬいぐるみのプレゼント。
パパとママからは、人気のキッズブランド服と靴下&ちゃお9月号。
キッズブランドって、私たち夫婦としては高くて洒落臭くて
とても7歳児には着せたくない服なのですが、
お友達が着ている「メゾピアノ」だの「エンジェルブルー」だのの服が
カワイイから欲しいと、このところうるさかったので、
誕生日ということで普段着に着られそうなデザイン(もちろんバーゲン品)の
Tシャツをあげることにしました。
出産が早まりそうだと先生に言われているので、
もしかしたら姉妹同じ誕生日になるかも・・・と思っていたのですが、
何事もなくコナツの誕生日はすぎていきました。
7歳の目標は「お箸の持ち方をなおす」だそう。
近々お姉ちゃんにもなることですし、
この一年はコナツにとって楽しくも大変な年になることでしょうから、
持ち前のパワーと明るさで頑張ってもらいたいなと思います。
[PR]
by yukke572 | 2007-09-03 11:58 | child

ぶらり

昨日はパパがお休み。
夏休みとはいえ、パパはお盆休みのない仕事だし、
ママはいよいよ臨月で遠出はちょっと無理なので、
コナツを連れて名古屋へ。


2才頃から大好きで、最近はちょっと熱も冷めていたのですが
新シリーズの始まりでまた興味が復活したポケモン。
「パチリス」とやらのぬいぐるみをポケモンセンター名古屋へにてget!

そのあと松坂屋栄本店のみんなでつくろう!ペーパークラフト!という
催事コーナーへ移動。
紙にプリントされた展開図を組み立てると、
立体的な動物や昆虫に変身。
からくり人形みたいなのも作れちゃう楽しいペーパークラフトの数々に、
迷いまくったコナツは最後には「やっぱりいらない」なんて言い出しましたが、
なんとか一つ決めて購入しました。作るのが楽しみです。

最後に同じ松坂屋のおもちゃ売り場の
サンリオコーナーにて砂絵を体験。
30分以上かかってサンリオキャラクターの砂絵を完成したコナツは大満足。
帰りの車で「また名古屋に行って砂絵とかやってたら、やろうね。」って
そんなに楽しかったならよかったよかった。

夏休みも残りあと2週間。遊びモードもそろそろ終わりにして、
宿題をやっちゃおうねー。
[PR]
by yukke572 | 2007-08-21 14:34 | child

音楽教室

昨日、娘の習い事について一つの決断をしました。
習い事というのは、今年3年目に入った音楽教室。
春から小学校に通いはじめ、帰宅を待っているとレッスンに間に合わず、
学校の昇降口まで迎えに行く状況が続いていました。
今の先生はレッスン時間の変更が無理だということなので、
いろいろ考えた結果、グループ(グループレッスンなんです)を
変わることに決めました。

そもそも学校から自分で歩いて家まで帰ってこそ、本来の小学生の在り方。
その部分を曲げてまで、習い事に行くことが、
どうも不自然な感じがして、心にひっかかったままお迎えをすること数回。
グループレッスンのため、他の3人のママたちも
同じようにお迎えしていますが、とくに苦にしている様子もなく、
私がただ面倒くさがりのダメ親なのかなーとも思っていました。
でも、やっぱりなんか納得できず、
グループを変わろうと思うんだけど・・・とパパに相談したところ、
「そんなの今すぐ変われ。習い事は家に帰ってきてから行けばいい。」
ってバッサリ。
やっぱりそうだよねー。
先生やグループは変わっちゃうけど、
同じカリキュラムで進むんだから、遅い時間があれば思い切って変わろう。
その方が落ち着いてレッスンにのぞめるし。

でも、実はこの決断の裏にはもう一つ理由があるんです。

それは、先生の指導方針。
今までの先生は、テキストの内容にプラスして、
より幅広い応用をさせて子どもに力をつけさせようという指導方針。
でも、はっきり言ってうちの子、一人っ子のせいかマイペースで、
やる気はあるんだけど、根気はなく、
まだまだ脳と指がうまく連動していない不器用なタイプ。
テキストについていくのが精一杯で、
先生が繰り出す応用の数々はチンプンカンプン。
毎回、レッスンの中で理解できないことは、
家での練習でフォローしながらなんとかついていってる状態でした。
まあ、ピアノは練習しなきゃ話にならないから、
この時期は親が必死になって練習させるのは当然なんでしょうが、
私としては、基礎を丁寧に積み重ねて
しっかり身につけていって欲しいという願いが根底にあり、
限られたレッスン時間の中で、テキスト以上のことを理解するのは
この時期まだちょっと・・・なんていう気持ちが常につきまとっていました。

だから、娘の為に、母は決断しました。
音楽を心から楽しんでもらいたいから。音楽を嫌いにならないで欲しいから。
もう少し楽しくレッスンが受けられるように、
少し目先を変えてみることにしてみました。
ゴリゴリ指導していく方が、子どもは実力以上に伸びるのかもしれません。
でも、親だから感じていたうちの子には合ってないんじゃないかという感覚を
信じてみることにしました。
たいした決断ではありませんが、
どうか娘にとっていい決断となりますように♪
[PR]
by yukke572 | 2007-06-14 12:15 | child

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572