カテゴリ:book( 44 )

『永遠の0』

『永遠の0』という本をパパさんに薦められて読んだ。

第二次世界大戦の日本の海軍航空隊の零戦搭乗員・宮部久蔵の生きざまと大空に散った特攻隊員たちの物語。

生還した戦闘機搭乗員たちから語られる戦争の悲しみや苦しみ。日本がなすすべもなく敗戦への道を突き進んでいく虚しさが、リアルに描かれている。

映画もドラマも戦争ものは切なすぎて苦手なんだけど、この本は読み始めたら止まらなかった。
戦争を知らない私には、愛国心という言葉で覆われた時代の真実も、鬼気迫る空中戦も、読んでも読んでもなぜかリアリティーが感じられなかった。あまりの理不尽さに、その時代に生まれてなくて良かった~と考えるだけで正直いっぱいいっぱいだった。

あのカミカゼ特攻隊もアメリカの圧倒的な軍事力によって突入前にほとんど打ち落とされていたとか、人間魚雷や人間爆弾のくだりなんて、子を持つ母として、日本軍司令部の人命軽視の方針に腹が立って仕方なかった。

いま、この平和な現代は、あの時代の何千人何万人という犠牲と悲しみの上に成り立っているんだとあらためて考えさせられた。いつの時代も生きることは楽ではないけど、少なくとも今は生きることに誰の許しもいらない時代。自分では一日一日精一杯生きてるつもりだけど、精一杯がなんなのかが根本的にわかってない気もする。自分が生かされている意味を探し続けなくては。


『永遠の0』 講談社
百瀬尚樹 著
来春映画化
[PR]
by yukke572 | 2012-09-08 14:41 | book

読書

今月読んだ本。

「神様のカルテ」
 映画は見てないけど、読んでる間ずっと
 桜井翔くんと宮崎あおいちゃんの顔が浮かんでました。
 話の内容は……うちのパパよりさらに過酷な労働を強いられながらも
 自分らしさを見失わずに患者と向き合う
 心優しき青年医師のお話。
 そんなお医者さんおったらいいなーっていうのと、 
 そんな夫婦おるんかいというのが素直な感想。
 
「ちはやふる」
 少女コミック。アニメにもなっててDVDも出てるけど、
 あえてマンガを読んでます。
 実は私、この歳で初めて百人一首を暗誦中。
 まだ10首ぐらいしか覚えてないけど、
 恋の歌や季節の歌、詠み手のひととなりや時代背景まで
 かるたの世界は奥が深い!
 そして、マンガだと思って油断してると
 ときどきウルウルしてしまいます。
 GEOで一冊40円で借りれちゃうのは、ホントにありがたい。

「四十九日のレシピ」
 何を思ったのかコナツが本屋さんで購入したけど
 読まずに置いてあったので、
 パラパラと読んでみたら、内容は私たち世代向け。
 全く読む気無かったにも関わらず、
 速攻で読み終えて、涙してしまいました。
 一度壊れた夫婦が元に戻るなんて、ありえないと思うけど、
 まあ小説だからありなんでしょうね。
 でも、やっぱりありえない。

スマホを持つようになったから、
電子書籍で何かを読んでみたいんだけど、
電子書籍はレンタルだと高くつくから、
やっぱり図書館がいいかな。
子どもたちが少しずつ手がかからなくなってきたので、
本を読んだりアルバムを整理したりする時間が
持てるようになってきました。
来週は「ちはやふる」の6巻~10巻借りてこよーっと。
 
[PR]
by yukke572 | 2012-05-23 22:10 | book

ハンス・フィッシャー展

絵本「こねこのぴっち」で知られるスイスの画家ハンス・フィッシャー。
その生誕100年を記念して高浜市かわら美術館で開催されている
「ハンス・フィッシャー展」に行ってきました。


ハンス・フィッシャーさんは、美術学校を出た後、
自分の娘や息子のために絵本を書き始めます。
「こねこのぴっち」「ブレーメンのおんがくたい」「長靴をはいたねこ」など、
動物たちが繰り広げる楽しいお話の数々は、
世界中の子どもたちに読み継がれている名作ばかり。
本人も動物をこよなく愛していたようで、
製作中のハンスさんをすぐ横で見つめる猫との写真は、
会場でとくに印象に残りました。
細い線描きの墨版に色をのせる技法で描かれた原画や、
色鉛筆で生き生きと描かれた動物たち、
本書きさながらのタッチで書き込まれた下書きなど、
貴重な作品の数々を、この機会にぜひ間近でご覧になってみてはいかがでしょうか。

■会  期:平成22年10月2日(土)~11月7日(日)
■観覧時間:午前9時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
        ※10月16日(土)は、鬼みちまつり開催にともない午後8時まで
         (観覧券の販売は午後7時30分まで)
■観 覧 料 :高校生以上600円 中学生以下無料
■休 館 日 :月曜日(10月11日は開館)、10月12日(火)


e0064409_1655440.jpg

[PR]
by yukke572 | 2010-10-14 16:29 | book

あさですよ

あさですよ (こねこの絵本)

たなか とよみ / あすなろ書房

スコア:


小さかったアオちゃんも、気がつけば2歳半。
ここ最近は、コナツが幼稚園の頃にやっていたハム太郎のパズルが大のお気に入りで、
一人で黙々と作り上げていたり、
昨日はおしえたおぼえがないのに「ボタンできた~♪」と見せてくれたり、
すごい速さで脳や手先が発達しています。
この絵本も、5匹の猫が登場しますが、4,5回読んだら
5匹の名前を全部覚えてしまいました。
いろんなことをどんどん吸収する時期。
今日のアオちゃんはもう昨日のアオちゃんとは違うのよという毎日です。

そして、今日から新学期が始まりコナツは4年生になりました。
いつもなら起こしてもなかなか起きないくせに、
今朝は張り切り過ぎて、あさ5時から目が覚めてしまったコナツ。
お友だちと楽しい一年が過ごせるといいね!4年生も頑張れコナツ!
[PR]
by yukke572 | 2010-04-06 15:17 | book

すきすきかいじゅう

すきすきかいじゅううまれたよ―すきすきかいじゅうシリーズ (すきすきかいじゅうシリーズ)

ふくだ すぐる / ベネッセコーポレーション

スコア:


この本、絵は特別私の好みではありませんでしたが、
図書館で何気なく手に取って開いた瞬間から
これは間違いなくアオちゃんが気に入ると直感しました。
案の定、この2週間毎日繰り返し読んでは親子で楽しんでいます。

文章は
「ランラン ロンロン
 あるひ もりのなか すきすきかいじゅううまれたよ」たったこれだけ。
あとは「すき~」と言って親子で姉妹でギュ~するだけ。
これは予想以上のホームランブックになりました。
こんなステキな絵本が埋もれているかと思うと、
図書館での発掘作業がますます楽しくなりそうです。
[PR]
by yukke572 | 2010-02-24 23:49 | book
あなたのまわりに
「サンタクロースなんていないんだよ。」なんてことを言う
かわいそうな子どもがいたら、
ぜひこの本をよんであげてください。
子どもだけじゃなく「サンタクロースはいない」と思っている
大人にもぜひ読んでいただきたい。

サンタクロースっているんでしょうか?

偕成社

スコア:



少しだけ、内容を。
---------------------------------------------------------------------------------------------
  1897年9月 ニューヨーク・サン新聞「社説」
  ニューヨーク・サンしんぶんしゃに、このたび、つぎのような手紙がとどきました。
  さっそく社説でとりあげて、おへんじしたいとおもいます。

  きしゃさま
   あたしは、8つです。
   あたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ。」っていってる子がいます。
   パパにきいてみたら、
   「サンしんぶんに、といあわせてごらん。しんぶんしゃで、
   サンタクロースがいるというのなら、
   そりゃもう、たしかにいるんだろうよ。」といいました。
   ですから、おねがいです。おしえてください。
   サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?
                                    バージニア=オハンロン

---------------------------------------------------------------------------------------------
この質問に、サン新聞の記者フランシス=P=チャーチは
大真面目にとっても素敵な返事を書いたのです。

この「社説」は現在もアメリカでもっとも有名な「社説」として知られ、
クリスマスの時期になると世界中で取り上げられるそうなのですが、
私はこの歳まで、このお話に出会うことなく生きてきました。
本が手に入らない場合には、こちらのレビューを読んでみてください。
私は自分がなんてちっぽけな大人になっていたか、
この本を読んで気づかされました。
[PR]
by yukke572 | 2009-12-11 13:34 | book

のりもの大好き!

女の子なのに、なぜかのりもの大好きのアオイは
アンパンマンを早々と卒業し、目下きかんしゃトーマスに夢中。
「おんで(読んで)!」と持ってくるのはトーマスの絵本ばっかり。
それもいかがなものかということで、読んでみたこの2冊。
のりものなら何でもいいのか、この2冊も持ってくるようになりました。

あっ! (はじめての絵本たいむ)

中川 ひろたか / 金の星社

スコア:


のりものいっぱい

柳原 良平 / こぐま社


絵は2冊とも柳原良平さん。
カラフルな切り絵のイラストが、子どもの興味をぐぐっとひき、ファーストブックにもってこい。
文章はとくになし。「あっ!」「じどうしゃ」「ひこうき」と、このわかりやすさが子どもにはgood!
[PR]
by yukke572 | 2009-11-16 15:19 | book

絵本からエコ

ホッキョクグマのウィンストン 地球温暖化に立ち向かう、あるホッキョクグマの闘い

ジーン デービス オキモト / ランダムハウス講談社

スコア:


地球温暖化を食い止めるために
「それぞれができることをしよう。どんな小さなことでもいいから」と
ホッキョクグマのウィンストンたちが人間に呼びかけます。
一人ひとりの小さな心がけが、地球の未来を守るのです。

小学校の読み聞かせのために
環境科学絵本を探していたところ、この本に出会いました。
小学3年生でも地球温暖化、CO2、エコなどといった環境キーワードは
普段からよく耳にしていて、知っています。
難しい説明は抜きにして、絵本から始まるエコがあってもいいのでは。
[PR]
by yukke572 | 2009-06-24 00:21 | book

だるまさんの

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

かがくい ひろし / ブロンズ新社


好評のだるまさんシリーズ2冊目「だるまさんの」をご紹介!
だ・る・ま・さ・ん・の・・・「め!」と
ママがノリノリで読んであげれば、子どもも大うけ!
ついでに「目」「手」「歯」「毛」などの
体の部分もおぼえられちゃう、
アオイ一押しの楽しい絵本です。
[PR]
by yukke572 | 2009-05-04 00:37 | book

だるまさん

乳児、幼児、小学生、そして疲れた大人にも
思わずクスッと笑っちゃう絵本はいかが。

だるまさんが

かがくい ひろし / ブロンズ新社

スコア:


小学校での読み聞かせボランティアでは、
長めの本を一冊と、時間があまったとき用に短い本を一冊持って行くようにしています。
これは短いほう。短いけど朝から楽しい気分になる。
今日も一日笑顔でがんばりましょう!
ちなみに3冊シリーズです。
[PR]
by yukke572 | 2009-03-02 14:24 | book

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572