北の大地の恵み

e0064409_13132334.jpg
毎年届く、北の大地の恵み。
話せばながくなるのですが、かいつまんで話しますと、
学生時代(もう15年も前)に北海道の酪農家へホームステイしたことがありまして、
その時にお世話になったお家の方が、
毎年秋になると美味しいジャガイモやカボチャを送ってくださるんです。
「北あかり」は最近スーパーでもときどき見かける北海道の馬鈴薯。
ポテトサラダにするとホクホクでとっても美味しいんです。
e0064409_1361525.jpg

そのほかにも手前に写っているサツマイモみたいな赤いじゃがいも「レッドムーン」や、
「北海こがね」「インカのめざめ」など、この辺では手に入らない珍しいジャガイモや、
販売用には大きくなりすぎたタマネギやカボチャを
e0064409_13383575.jpgダンボールいっぱいに詰めてくださっています。
何度も書きますが、とにかく美味しいので
ご近所さんにも毎年好評いただいております。

こちらのお家にお世話になったのはほんとに偶然で、
当時、北海道の浦幌町に着いてみたら、
決まっていたホームステイ先が私だけダメになっていて、
急遽引き受けてくださったのが、このお家。
2歳の男の子と8ヶ月の赤ちゃんがいて大変だっただろうに、
お父さんもお母さんもホントにいい人で、
「意味のないコトを一生懸命やれるのは学生のうちだけだ!」と
とくに何の志もなく酪農体験に訪れた私を、喜んで受け入れてくれたんです。
朝早くから牛の世話。家族ででかけても夕方にはまた牛の世話。
家族で力を合わせて、日本の酪農を支えていらっしゃいます。
新婚旅行で10年前におじゃました時には、ダンナも酪農体験をさせてもらいました。
いつかコナツとアオイを連れて、第2の故郷「浦幌町」に行くのが私の夢です。
[PR]
by yukke572 | 2007-11-20 13:37 | life

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572