田舎の片隅で少子化対策をさけぶ(一部追記)

今日は、まじめに少子化について語ってみます。

世の中の人がどう考えているかわかりませんが、
私は、幼児期は親とくに母親と一緒にいることが
子どもにとって計り知れないほど大切なことだと考えています。
ですから、母親が働かなくては食べていけない場合を除いて、
なるべくなら3歳までは子どもと一緒に過ごしてやるべきだと思います。
しかしながら、世の中の流れとしては、
働く女性が子どもを産み育てやすい環境をととのえることばかりに目が向けられています。
そしてそれが少子化対策の主軸であるように報道されています。
先日も、柳沢厚労大臣が「女性は機械」と発言し、問題になっていますが、
これも、国の経済を支えるためには女の人が子どもを産むしかないという考えが根底にあり、
この人の表現力が少々足りなくて、こんな直球発言になってしまっただけだと思います。
でも、本当に子どもを産むのは国のためなのでしょうか?
本当に女性は働きながら子育てをしたいのでしょうか?

そこで、ほんとに狭い世界ではありますが、
私のまわりにいる女性について考えてみました。
結婚したいとは思っていても、相手がいないから仕事に専念してる人。
できれば家にいたいけど、生活にお金がかかるから働く人。
子育てしながらでも仕事が続けられる環境にあるから、産んだ後職場復帰して働く人。
そんな環境があったにもかかわらず、子育てに専念している人。
生活のために働きにはでたいけど、子どもがいるから今は慎ましく専業主婦してる人。
私のまわりには「働いていると子育てができないから産まない」なんて人はいません。
私のまわりの女性は、おそらく結婚、出産をする世代(もう後半かな・・・)なのに、
「働いていると子育てができないから産まない」なんて人1人もいないんです。
国の少子化対策ってほんとに正しい方向に向かっているのでしょうか?
(仕事を持たない女のひがみととられたら悲しいけど・・・。)

それと、もうひとつ。
子どもを保育所に預けて母親と長時間はなれていることが、
子どもにとって何のいいことがあるんでしょうか。
それよりも、母親が働かなくても豊かに暮らしていけるよう、
子どものいる男性の給料をガンガン上げてくれた方が、
絶対に少子化対策になると思います。
たしかに、不妊治療をしている方達のように
世の中には産みたくても産めない女性もいます。
でも、産みたくても産めない女性の中には、
できればあと1人2人産みたいけど、この先の人生が(経済的に)不安で
これ以上産めないという人もたーくさんいるはずなんです。
産む気のない人、産むことを考えていない人を
国の政策によって産む気にさせるなんて、
めちゃくちゃ難しいことだと思いませんか?
そんなことより、産む気のある人、産みたいと思ってる人が
安心してポコポコ産めるような政策を打ち出して欲しいです。
住宅ローン控除みたいに、
今から10年間、子どもが産まれた家庭は所得税を全額還付するなんていう
思い切った政策をとってみたらどうかな。
もしくは、子育てが一段落した女性が再び働ける保証があれば、
安心して子どもを産めると思います。


会社って社会って、自分がいなくても流れて行くけど、
子どもを産むと「世の中でこんなに私のことを必要としてくれた人がいるだろうか、
この子を泣きやませるのは私しかできないんだ。」って、
子育ての尊さに気づかされます。
お金じゃないんですよね。
お金のこと考えてたら、子どもなんて1人も産めませんから。

こんなところで少子化対策をさけんでも、誰も聞いてないかもしれませんが、
あまりにバカバカしいことで国会の審議を欠席している人たちがいることに我慢ができず、
さけんでしまいました。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
[PR]
by yukke572 | 2007-02-03 16:04 | child

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572