福袋

毎年、元旦はパパの実家にお年賀。
2日は私の実家へ。
今年は私の実家へ行く前に、
初めて名古屋の初売りにでかけ、
福袋をgetしてきました。

朝9時半開店の名古屋PARCOへ、
9時半少し前に着くように出かけた私たち。
「PARCOの駐車場、開店前でも開いてるかな?」
「開いてるに決まってるじゃん。」
とか言いながらのんきにPARCO前まで近づいていった。
すると・・・雨の中、PARCOの周りに
傘をさして並ぶ人、人、人、人、人・・・☆○※♪¥♂♀。

想像以上の人の多さに、
車の中で、福袋を手にすることは無理だろうとあきらめた。

こうなったらのんびり行こうと、
あわてることもなく、
開店時の人並みの最後につらなって、スムーズに店内へ。
紳士&子ども服売り場(西館6階)につくと、
そこには、福袋を4つも5つも手にした人々が。
とりあえずパパのごひいきのお店を覗くと、
やはり福袋はすでに完売。
そこで、私とこなつは子供服、パパはもう一軒のお店へ。
私は迷わず「SHIPS」へ・・・もちろん完売。
やっぱ人気のお店はすごい。まだ、開店10分後ぐらいなのに。
続いて、「ティンカーベル」。
なんと、残ってる。それも120センチ女児が3袋も。
整理券をもらうために、
15人ぐらい並んでる列の最後尾へ半信半疑で並んだ。
かろうじて、残りの1袋をget。
パパも、なんとか1袋抱えて合流。
高くてなかなか買えないブランドの服、
この冬休みはどこにも出かける予定がないので、
思い切って2つも買っちゃった♪

せこい私は、
もちろん帰って中身の値段を計算してみたさ。
それぞれ10,500円の福袋には、
好みなのもそうじゃないのも含めて、
40,000~50,000円相当の商品が。
意外と入ってるんですね。
一応は好みのお店で買ったので、なんとか着られそうな物ばかりだしホッ。
結果、はじめて福袋を手にして思ったことは・・・
「一年に一度」というお楽しみ感、
「何が入っているかわからない」というワクワク感、
「金額的に得をした」という満足感、
これを得るために人は皆、長蛇の列に並ぶのだということ。

来年もきっと・・・行っちゃうんだろうな。今年よりも早く(汗)。

私の物?
ちゃんと買いましたよ。
そのあとラシックのバーゲンで、ちょっとだけ☆
[PR]
by yukke572 | 2006-01-03 10:30 | shop

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572