鼻づまりのセントレア

寒風吹きすさぶ日曜、
母のパッチワーク作品展を見るため、
激しい鼻づまりと背中の痛みに耐えながら、
生まれて初めてセントレアに出かけた。

近くのバス停からこなつと二人でバスに乗ること40分。
開港当時の混雑はどこへやら、
セントレアは静かに私たち二人を迎えてくれた。
現地で待ち合わせた母は、
鼻づまり&背中痛の私を見て一言
「無理して来なくても良かったのに。」。
やっぱりあんたはそういう人だよ、
せっかく来たのにそりゃないじゃないの。

どこに何があるかわからず
ウロウロする私たちをよそに、
こなつはおもちゃが並ぶお店の方へとスッタカスッタカ駆けだした。

「一つだけだよ。」
ばあちゃんの言葉にうなづきながら、
真剣におもちゃを物色するこなつ。
クリスマス雑貨をはじめ、
子どもの喜びそうな物がズラリと並ぶ店、店、店。
ラシックとまではいかないけど、
大人も楽しくなっちゃうお店が、なぜか空港に何件も。
こなつは見事にママをも納得させる一品(うさちゃんbag)をみつけ、
ばあちゃんにおねだり、そしてget。
e0064409_23112816.jpg

ようやくこなつが落ち着いたところで、
ママが前から行きたいと思ってた店へ。

数時間待ちとも聞いていた
栗原はるみさんの「カフェゆとりの空間」は、
お昼時にもかかわらず、5分待ちぐらいですんなり入れた。
栗原さんプロデュースのメニューは、
前回紹介した「すてきレシピ」という本にも紹介されていたであろう、
まさに栗原さんちのごはん。
e0064409_23115432.jpg「ミートボールのクリームパスタ」
「ホットドック」
「キノコのピザ」、
デザートには王道の
「シフォンケーキ」を。
腹ぺこだったため、写真を撮り忘れちゃったけど、
「今度うちでも作ってみよう。」と思える
美味しいお料理でした。

こなつも落ち着き、
お腹も満たされたところで、
目的のパッチワーク作品展へ。
1階の「セントレアギャラリー」という人気の少ない静かなロビーに、
クリスマスをテーマに集められたパッチワークが飾られていた。
e0064409_23121550.jpg母の作品も小物を含めて5点ほど。
全部見たことある物だったけど、
いろんな人の作品と一緒に飾ると、
また違った趣だなーなんて。
その他の作品も、
アイデアに富んでいて、
インテリアの参考になりそう。

母にとってパッチは、
趣味の域は決して越えないけれど、
こうして展示されると
また創作意欲が増すことだろう。

せっかく空港に来たんだからと、
ちらりと飛行機も見て、
(実家が名古屋空港の近くなので、飛行機は珍しくないし、
こなつも女の子だからかほとんど興味なし・・・。)
帰りのバスに乗り込んだ。
走り回って疲れたこなつは、
あっという間にママの膝で深い眠りに落ちた。
ほんとに幸せな子だ・・・。

それにしても、半日で消えたあの背中痛はなんだったんだろう。
風邪が背筋に入ったのかな・・・。
歳はとりたくないわ・・・(>_<)。
[PR]
by yukke572 | 2005-12-05 23:26 | life

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572