DNA

terryさんのTrackbackに
さらにTrackbackしてみました。

日々、子どもの成長を見ていると、
その体内にあふれる遺伝子の存在を実感せずにはいられません。

たとえば、
こなつの性格は、よく言えば好奇心旺盛
悪く言えば落ち着きが無い
いつもソワソワ、キョロキョロしていて、ジッと立っていられない。
なせだかあわてていて、初めての場所でも目を離したらすぐに見失う。
 うちの親がよく言うことには、
 「こんなにコソコソと動き回る子どもは見たこと無い。」
 ダンナの親がよく言うことには、
 「ジッとしていられないところがお兄ちゃんにそっくり。」
つまり、この性格はパパ遺伝子に間違いない。

生まれつき、じーっとしているのが好きな性格の子どもに
「動け」と言っても動かないのと同じで、
動き回りたい子どもに「動くな」と言ったって
所詮無理な話。
女の子だし、小学生ぐらいになれば
少しは落ち着いてくるだろうと信じて、
日々目を離さないようにマンツーマンディフェンス。
その甲斐あって、今のところ迷子になったことのないこなつ。
きっと、迷子になっても泣くのはこなつじゃなくて
ママやパパの方だろうけど。

あと、私は小さい頃から絵を描くのが好きだったんだけど、
なぜかこなつもお絵かきが大好き。
朝起きてお絵かき、幼稚園でもお絵かき、帰ってきてもお絵かき、
お店に行ってもお絵かき、寝る前にもお絵かき。
遺伝子ってあなどれませんねー。
[PR]
by yukke572 | 2005-10-27 13:39 | child

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572