ボランティア

気がつけば、3つのボランティアグループに所属している私。
1つは小学校の図書館内整備ボランティア。
もう1つは同じく小学校の読み聞かせボランティア。
そして、活動していて一番楽しいブックスタートのボランティア。

ブックスタートとは、その昔イギリスで始まった
赤ちゃんのときから絵本のある子育てをしようという運動。
日本でも2000年ごろからかなり一般的になってきたらしく、
現在は多くの地方自治体の4ヶ月児健診などにて
赤ちゃん絵本の読み聞かせや絵本の紹介を行っているようです。
わが市でも、マザリーズというボランティアグループがその事業を行っているわけでして
私もそのマザリーズのメンバーとして今年一年活動に参加してきました。
生後4ヶ月の赤ちゃんに
どんな絵本を読んであげたらいいのかわからないというお母さん方に
生意気にもこの私が、いろいろとアドバイスをしております。

①色のはっきりした絵本
②心地よいリズムで繰り返しの言葉が出てくる絵本
③お母さんが好きな本

まずはここからはじめてみましょうと。
教育的なことはまだまだ考えなくていいので、
とにかくまず絵本を使ってあかちゃんと遊んでみましょうと。

絵本のある子育ては、おおざっぱな子育てをしている私が唯一意識してやってきたこと。
とにかく図書館に行き、家の本棚はいつも絵本でいっぱいにして
子どもがいつでも絵本を手に取れるようにしています。
お布団の中で、ひざの上で、子どもが読んで欲しいときに
読んで欲しい本を読んであげます。
もちろん私が読んであげたいと思ったときにも。

絵本の中には、現実ではありえないような楽しい出来事がいっぱい詰まっています。
子どもにとってそういう夢の世界を絵本の中で体験することは、
将来、自由な発想で人生の楽しみを見つけていく原動力の1つになるはずです。
「心の財産を増やしてあげたい」そんな気持ちで
3つのボランティア活動に参加しています。
ボランティアは自己満足だと言う人がいますが、まあだいたい当たってると思います。
自分は楽しませてもらっている。活動の場をいただいている。
そんな謙虚なボランティア精神を忘れないで、これからも活動していきたいと思います。

e0064409_23255710.jpg

                                   illustration by yukke
[PR]
by yukke572 | 2010-03-06 00:03 | life

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572