歯列矯正と卒乳

先週末から、コナツの歯列矯正(顎矯正)が始まりました。
咬み合わせが少しおかしいので、かかりつけの歯科で相談したところ、
矯正専門医をすすめられました。

3月に受けた精密検査の結果、
上顎が小さい骨格性の受け口と診断されました。
放っておくと頭痛など体に様々な不調が出るかもしれないとの診断。
私もそうなんですが、コナツの場合も
顎が少しずれているので、見た目には受け口とはほとんどわかりません。
ただ、咬み合わせの中心が合っておらず、
なんだか体のバランスが良くない感じがします。
私はときどき頭痛が起きたり、顎関節がゴリゴリ音がしたりしてます。

歯科矯正は、見た目もかっこ悪いし、しゃべりにくく、
常に口の中にストレスをかかえているようで
コナツの負担になるのではと正直思いました。
それに、健康保険の対象外なので
費用がハンパなく高い。
けれど、本人が「治したい!」と強く希望したし、
私自身「治療しておけばよかった」という気持ちも。
おじいちゃんたちの「コナツを治してやってくれ」というお言葉もあり、
家族会議の結果、コナツが頑張ることになりました。

これから何年もかかるようですが、
親として、コナツをしっかり支えてやりたいと思います。

e0064409_1020485.jpgアオイ、1歳9ヶ月。
後ろ髪をカットして、夏仕様に。
お姉ちゃんが使っていたLEGOブロックで
毎日熱心に遊んでます。
今日は新しい遊び方を発見したようで
スキーのようにスイスイ。
最後には箱を空っぽにして
チー太郎(我が家のぬいぐるみはみんな
名前がついています)を入れて押してました。

e0064409_1030934.jpg一週間前の風呂上り、
毎晩飲んでいた一日一回のおっぱいを
「空っぽになっちゃったよ。」と言ったらすんなり納得。
それからも「おっぱい空っぽになっちゃったよ。」で納得すること数日。
どうやら涙を流すことなく、卒乳できたようです。
そろそろと考えてはいましたが、
自分から卒乳していってくれるとは、ホントに助かりました。
やっぱりその子なりのタイミングってあるんですね。
それを待ってやることの大切さをあらためて実感しました。
おっぱいさん、お疲れ様でした。
[PR]
by yukke572 | 2009-06-15 10:35 | child

コナツは6年生アオイは年中さん。年の差姉妹との楽しい日々。


by yukke572